外出先でも必須のネット環境環境

IT技術の発展で私達の生活はとても便利になりました。今では1人1台携帯電話どころかパソコンやタブレットを所持していることも珍しいことではありません。
そうやって急激にネット環境が整備されたので、外出先でもインターネットが使える場所が多くなってきました。
携帯電話は外出先でも問題ありませんが、パソコンやタブレットだとインターネット回線が必要になります。アナログ回線は当然使えないので、無線LANだったりルーターが必要になります。
また、最近ではスターバックスコーヒーや地下鉄メトロなどで無線LANが使えるようになっているので、だいぶ便利になってきました。しかし、海外に比べると日本はまだまだこの無線スポットが少ないようで、空港などでは有償であることに外国人はびっくりするそうです。

海外へ長期的に行く人も、日本で携帯電話会社との契約を解約して、海外へ携帯電話を持って行き無線LANを利用してネットを使うという手段が当たり前に行われています。それほどまでにアメリカやカナダ、それに韓国などでは無線LAN、スポットが当たり前にあるのです。

それに比べると日本はまだまだネット回線が使える場所が限られているかもしれません。しかし地下鉄でも携帯電話が使えるようになったりしているので、これからもっとネット環境が整っていくことでしょう。今は日本ではIT業界というのも世間的な評価はあまり高くはないですが、次の世代からはより価値が有るものだと認知されていくと思います。

更に日常に便利なものとなってくるIT。ネット環境があるだけで仕事を見つけることも容易になっていくのです。実際に私自身も下記サイトでフリーターから脱出できたのですから・・。そのサイトは「仕事がないを解決!フリーエンジニアお仕事計画」というお役立ち内容でした。