転職する上で大切なこと

IT業界内では技術もそうですが、人の流れもとても早く、頻繁に転職が行われています。
一つの会社に3年もいれば十分と考えているような人も多く、スキルアップを目指して転職しています。
しかし、自分がいざ転職するとなると、一体どのように転職先を探せばいいか具体的に分からない場合もあると思います。

転職する前にまずしっかりと考えて欲しいのは、なぜ自分は転職したいのか、転職をしてどうするのか、目的があるのか、目標があるのかということです。なんとなく、で転職をするのは避けなければなりません。
自分の履歴書の職歴欄に、ちゃんとした理由のない転職歴を書いてもマイナスイメージになるだけです。しっかりとした動機を持ちましょう。

そして、自分の市場での価値を冷静に判断・分析することが大切です。自分を客観視して、転職に最適な時期を選びましょう。同僚や身内に聞いてみるのもいいですが、もし可能であるならばキャリアコンサルタントなど、専門家に判断してもらうのが望ましいと思います。
同僚や身内だとどうしても主観的になってしまい、素人の意見となってしまうからです。

転職が頻繁に行われる時期は4月と9月です。その2~3ヶ月前くらいから転職活動をして、転職する会社を選んだり、人事に会ったりするといいと思います。
知り合いに誘われたからと気軽に転職してしまうと、入った会社でとんでもない思いをするかもしれません。あくまで、自分の入る会社は自分で情報収集するのが大切です。そうしないと、結局すぐに退職せざるを得ない状況に陥る可能性があります。

転職はタイミングが大切です。焦らずしっかり求人を見ていれば自分にマッチする求人がでてくるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です